子供と未婚者

| 未分類 |

子供を産んだ場合親子関係が生まれますが、その親が未婚者であった場合は非嫡出子となり、親権者は原則として母親になります。父親はいない状態となりますが、男性側が認知をすることで男性との間にも親子関係が生まれ、男性の非嫡出子にもなります。子供は母親の戸籍に入ったままで、戸籍の父親の欄には男性の名前が記載されることになります。男性が認知をした場合は、出生時にに遡って法律上の親子関係に基づく権利や義務が発生することになります。養育費の支払い義務や相続権の発生等がそれに当たります。


この後、未婚者であった2人が正式に結婚をすることで非嫡出子から嫡出子となりますが、結婚すると女性は男性側の戸籍に移り、子供だけ女性側の旧戸籍に取り残されてしまいますので、家庭裁判所に申立てて夫婦の戸籍に移すことが必要になります。結婚することで未成年者は成年として扱われることになります。しかし女性が未成年者であり、その上結婚をしていない場合は親権者になることが出来ず、その場合は親権代行といって、女性が成年に達するか未成年のうちに結婚するまで、その女性の親権者が代わりに子供の親権者となります。女性の親は親権者として子供を養育していく義務があり、また男性側に対して認知や養育費の請求をする権利があります。