内縁関係都の関係 

| 未分類 |

被相続人である人物が死亡した後、その人の財産は相続人が相続をすることによって継承していくことができます。この相続をするにあたっては法律によってその権利がある人物というものが明確にされており、このような法律上の相続人のことを法定相続人といいます。


法定相続人には実際に相続をする際の順位というものがあり、その順位の一番目にはかならず配偶者が来ることになっています。そこで問題になってくるのが配偶者に該当する人が戸籍上では婚姻関係になく、内縁関係だった場合です。法律では戸籍上で婚姻関係にあったということが配偶者として認められる条件となっており、仮に何十年も実質上の配偶者であったとしても戸籍上での婚姻の事実がない内縁関係であった人は法定相続人とはなりえないのです。また、被相続人が死亡した時点ですでに離婚をしていた場合にも、元配偶者は財産を相続する権利を持つことはできません。
しかしながら、このような被相続人と内縁関係にあった人が全く財産を相続できないと決まっているわけではありません。被相続人が生前に内縁関係にある人物の名前を記載し、その人へ自分の財産を遺すという意志を明確に記しておくことで、たとえ法定相続人とはなりえない人に対しても自分の財産を遺してあげることは可能となっています。