相続権とは 

| 未分類 |

ある人物が死亡した場合、その人物の財産は相続権を持った人物が相続をすることになり財産を受け継ぐことができます。この相続権については法律によって誰が持っているのかが決められていますが、このような法律で相続権があるということを認められている相続人のことを法定相続人といいます。


法定相続人はかつての日本のように男女によって差が設けられておらず、相続順位は常に一定です。つまり、長男だからといって優先的に財産を相続できるのではなく、あくまでも法律で定められた相続順位というものを守らなくてはならないのです。
相続権のある人物として順位の一番目にくるのが被相続人の配偶者で、配偶者は常に相続人となります。配偶者の次の順位には被相続人の子供が該当します。もしも、その子供がいなかった場合には被相続人の祖父母を含む父母が相続する権利を持つことになります。その祖父母を含む父母がすでに他界していた場合には、被相続人の兄弟姉妹が相続する権利を持つことになります。
前述した以外の人に関しては被相続人とどのような親しい間柄であったとしても法定相続人となることはできません。しかし、被相続人が生前に遺言書を作成していた場合には、そこに記載されている人は財産を相続する権利を持つことになります。