被相続人が死亡するよりも前に相続人が死亡していた場合は民放により代襲相続という方法が取られます。例えば、父親が亡くなった場合、相続人が母親、兄、本人であったとします。そして、父親が亡くなるよりも前に兄が亡くなっていたとします。本来ですと母親が2分の1、兄と本人で3分の1づつを受け取るところなのですが、兄はいません。その場合、兄に子供がいれば、その子供、つまり孫にあたる人物が受け取ることになります。これが代襲相続です。


なお、これは直系尊属のみに適用されます。例えば、兄は養子縁組した子供であるとします。養子は実施と同じ相続の権利があります。しかし、養子縁組よりも前に兄に子供がいた場合は直系尊属とはならないため、代襲相続の対象にはなりません。しかし、養子縁組後に兄に生まれた子供は直系尊属となるため、代襲相続の対象になります。次に、その孫にあたる人物も亡くなっている場合には、ひ孫が受け取ることになります。これを再代襲相続と言います。また、例えば、被相続人に親も子もいない場合には兄弟姉妹が相続することになりますが、その場合、兄弟姉妹の子、つまり甥や姪が相続を行う代襲相続は行われますが、再代襲相続は行われません。なお、相続人が一人もいない場合には、国庫に収められることになります。